猫やしき

猫六匹と人間二人。

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

New Entrie

Comment

Track Back

Link

Category

Monthly

Profile

きゅう

きゅう

家のにゃんずすきー。

Thanks

BLOG:
HTML:Identity
Tips:ヒヨコ君増殖中 愛 FC2版
   JUGEMカスタマイズ講座
Skin:Marie
Material:みん素材倉庫様

--年--月--日 ♥ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年09月10日 ♥ おとまり

昨日ごまの口のしこりが消えた事かいたばっかりなのに。

今朝ごまがご飯を食べた後、ごまのいた場所に
水みたいな物があった。
臭いを嗅いでも無臭だったのでなんだろ??と思って
違う部屋に行ったらまた同じような物があった。
ふと思い立ってごまのお尻をティッシュで拭いたら
水っぽい物がついた。
その後ごまがトイレに行くのを付き添って見ていたら
水様の物と少しの下痢便を排泄していた。

すぐに今まで行っている所は遠すぎてしかも待ち時間も長いので
近くに出来た新しい動物病院に行った。

ごまのエイズや腎臓の事を話し、診察してもらい
まず、下痢を治しましょうということで
注射二本と内服薬を貰って帰ってきた。
今日は禁食。体重2.9キロ。

家に帰ってお水を飲んで落ち着いてから横になるごま。
時々私の所に来てはなき、撫でていると気持ち良さそうにしている。
そして落ち着く場所に行って寝る。それを2~3回繰り返した。
この時ちょっとふらつきがあった。

そしてごまの元にいろはぐみたまが様子を見に行く。
いっちゃんの時は大人しく舐められていたごまだが
ぐみやたまが近づくとパンチを繰り出した。
体調がおもわしくなくてイライラしていたのだろう。

そして夕方まで寝ていたのだが
起きてから歩くごまがヨロヨロ。
私の足元に擦り寄って、実は立っているのが辛いのだろう
寄りかかってて私の足をどけるとフラフラだ。
しまいにはよろついて倒れる。

病院に電話してまた診察に連れて行く。
家にいてもかなり辛い状態だろうから
点滴のために入院した方がいいといわれた。

入院と言われて、さいくんの事を思い出して
このまま帰れなくなるんじゃないかと思って泣いてしまった。
ごまの朝から急に衰弱していく様子が
さいくんの時とダブってしまう。
情けない。泣いてる暇があったら他にする事があるだろう。

いつでも様子を見に来てくださいと言われ
ごまを預けて帰ってきた。

とにかく明日は朝一で面会にいってこよう。
スポンサーサイト

コメント

えっ;

ごまさん、心配ですね…
でもこんなとき、飼い主が何もできないのが悲しいです。
今後のごまさんの状態が気になりますが、精一杯に尽くしてあげてくださいね。
他の猫たちが心配しないように、けっして泣かないでくださいね。
( 2005-09-11 |あでぃ| #-URL|[ 編集 ])

ごまさん、急に具合が悪くなっちゃったんですね。2.9kgになってるなんて少し驚きました。
私も去年のケインがダブってしまいました。
きゅうさんもここで気合い入れて頑張らねばね。
ごまさん、さいくんもケインもまだこっちに来ちゃダメって言ってると思うよ。頑張れ。
( 2005-09-11 |まるち| #-URL|[ 編集 ])

>あでぃさん
今日面会に行ってきました。
昨日より幾分しっかりしていました。
なにやら、点滴を抜いたようで
もう1日入院して様子をみるとのことでした。
明日仕事前に面会に行って夕方お迎えに行ってきます。
気をしっかりもって頑張りますね。

>まるちさん
あまりにも急に具合が悪くなって
何か見落としていたのではないかと自己嫌悪です。
食事がうまくいっていなかったことと
夏バテがかさなったのでしょうか。
今日面会に行く前に電話したら血尿も出ているとのことで
どうして?なんで?原因はいったいなんだろうと・・。
とにかく気合入れてごまと頑張っていこうと思います。
( 2005-09-12 |きゅう| #-URL|[ 編集 ])

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


Track Back

Track Back URL : http://nekopeta.blog1.fc2.com/tb.php/240-0d5adf06

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。